« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の投稿

2013年1月30日 (水)

開催概要~金沢交歓会

第19回 中学校野球交歓会 金沢大会

3/29(金)~31(日)

石川県立球場ほか

※巻東中は、3/30(土)、31(日)の2日間のみ参加し、以下のうち4校と対戦。

<参加45校>
■新潟県
巻東、十日町
■群馬県
前橋市・前橋第六
■長野県
松本市・清水、千曲市・更埴西、伊那市・伊那東部
■富山県
魚津市・魚津西部、魚津市・魚津東部、黒部市・高志野
■福井県
福井市・清水、越前市・南越、坂井市・丸岡
■愛知県
刈谷市・刈谷東
■三重県
名張市・赤目、南伊勢町・南勢、度会町・度会
■岐阜県
高山市・中山、高山市・松倉、大垣市・星和、大垣市・大垣北、養老町・養老東部
■滋賀県
近江八幡市・八幡東、近江八幡市・八幡西
■京都府
洛星、京都市・衣笠、城陽市・北城陽
■石川県(開催地)
星稜、金沢市・紫錦台、金沢市・額、加賀市・山代、加賀市・東和、小松市・板津、小松市・芦城、小松市・松陽、能美市・根上、能美市・辰口、能美市・寺井、白山市・北辰、白山市・鳥越、白山市・白嶺、白山市・光野、白山市・北星、かほく市・河北台、野々市市布水、内灘町・内灘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開催概要~関東甲信越交歓会

第12回 関東甲信越中学生野球交歓会
~風の会~

3/16(土)、17(日)
群馬県前橋市
前橋市民球場ほか

<参加92校>
■新潟県
巻東、新津第一、長岡・東北、長岡東、長岡西、長岡北、長岡・堤岡、長岡・中之島、長岡・寺泊、小千谷・千田、十日町・中条、十日町南、魚沼・小出、糸魚川、胎内・中条
■栃木県
宇都宮市・泉が丘、小山市・美田、小山市・乙女、小山市・小山第二、岩舟町・岩舟、壬生町・南犬飼、栃木市・栃木東、栃木市・栃木東陽、都賀町・都賀
■神奈川県
横浜市・新羽、横浜市・中山台、横浜市・東鴨居、横浜市・川和、横浜市・日吉台、横浜市・樽町、相模原市・内出、伊勢原市・成瀬
■埼玉県
さいたま市・植竹、さいたま市・大久保、さいたま市・田島、さいたま市・東浦和、本庄市・児玉、本庄市・本庄西、本庄市・本庄南、越谷市・越谷中央、春日部市・豊野、熊谷市・三尻、熊谷市・荒川
■長野県
(未定)
■福島県
いわき市・磐崎
■宮城県
大河原町・大河原
■群馬県
沼田市・沼田西、沼田市・沼田東、沼田市・沼田、沼田市・薄根、沼田市・利根、桐生市・川内、桐生市・相生、渋川市・北橘、渋川市・古巻、渋川市・渋川北、渋川市・赤城南、片品村・片品、高崎市・八幡、高崎市・片岡、高崎市・佐野、高崎市・塚沢、安中市・安中第一、安中市・安中第二、伊勢崎市・赤堀、太田市・藪塚本町、太田市・木崎、甘楽町・甘楽第一、長野原町・長野原東、藤岡市・藤岡東
■開催地(前橋市)
前橋第一、みずき、前橋第三・広瀬、前橋第五、前橋第六、前橋第七、春日、桂萱、芳賀、元総社、前橋東、箱田、南橘、鎌倉、木瀬、荒砥、大胡、宮城、粕川、富士見

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

練習初め

昨日(5日)は年明け最初の練習日でした。
ちょうど1週間のブランク。さすがに全体的に動きが鈍かったとか??
しかし2日目の今日には体力も感覚も取り戻し、てきぱきビシバシとやっていました。

新年のご挨拶がてら学校を訪れ、先生としばし歓談。
昨秋の反省を元に組んだ『新』練習も、しっくりハマってきているようです。
4月の本番第一弾と、立ち上がり3月の方針・見通しなどをお話しくださいました。
部員たちとともに目標を確認し合う場面も拝見できました。

春の訪れが待ち遠しいのは、いつになく寒さが厳しいからだけではないようです。

私たち保護者会も全力で下支えをしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

2013年

みなさん明けましておめでとうございます。
本年も、巻東中野球部をよろしくお願いいたします。
保護者会にあっては、2年生は最後の年になります。よい形で引退・バトンタッチが迎えられるよう、親子ともどもチームとして力を合わせて盛り立ててまいりましょう。
また、1年生の力も益々重要になってきます。1年生なくして2年生なしです。まだまだ試合の場面で力を発揮することは少ないかもしれませんが、大事なチームメイトであり、巻東中野球部の総合力を高める大きな要素です。
さらに、2年生で去年 はベンチだった面々も力をつけてきています。春のスタメンはまだわかりません。1人として気を抜かず・あきらめず、冬を走り抜けてほしいと思います。

夢でなく、目標に向かって!


保護者会長S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »